葉酸サプリに副作用はある?

葉酸サプリの過剰摂取に注意

葉酸は妊娠中や妊活中に摂ると良いとされているビタミンです。水溶性ビタミンのため、食生活で過剰に摂取してしまっても尿として排出してしまいます。体にためておくことができなく、食べ物から摂取することが難しいため、葉酸サプリを利用しますが、必要摂取量を超えて、用法容量を守らず飲んでしまった場合、副作用が出ることがあります。

葉酸を過剰摂取した場合、吐き気やむくみ、不眠症、食欲不振、じんましん、呼吸障害が起こることがあります。過剰摂取量は1000?以上であるので、サプリメントを利用した場合は、食品から得ることが出る分を差し引いて1日に400?を目安に服用するようにします。メーカーによっても含まれている量が違うので、必ず用法容量を確認してから飲むようにします。

葉酸サプリの過剰摂取した場合の副作用

葉酸は水溶性のビタミンのため多少の量ならば過剰摂取してしまっても尿として排出されてしまいますが、1日の摂取上限量と言われている1000?以上の摂取を何日も継続していると副作用が起こる可能性があります。

葉酸の過剰摂取を行ってしまった時の副作用には食欲不振、嘔吐、むくみ、じんましん、原因不明のかゆみなどを引き起こしてしまう可能性があります。

食べ物に含まれている葉酸は調理の段階で失われてしまいやすいと言われているためあまり過剰になる心配はありませんが、サプリの場合には体内での吸収率が食べ物に含まれている物よりも高いため、1日の摂取量を簡単に超えてしまいがちです。1日の服用量を守ることが大切になります。

商品一覧

葉酸の基礎知識

葉酸サプリのよくある疑問