葉酸って何?

葉酸とはどんな成分?

葉酸はビタミンB群の一種で、赤血球の形成に不可欠な成分としても重要な成分です。

鉄とともに造血を促進することから、血液の健康を左右する機能も持っています。誰でも不足すれば貧血の症状を悪化させる可能性がありますが、妊婦の場合には胎児の健康も重視するために、目標摂取量は多めに設定されています。葉酸は細胞分裂と成長促進に深く関与するため、成長期の子供にとっても不可欠なビタミンです。

葉酸を効率的に摂取するためには、ほうれん草などの野菜をはじめとして、肉類のレバーを多く食べる必要があります。発酵で量を増やすこともできるため、酒粕や納豆にも多く含まれています

。妊婦の場合には意識していても不足してしまうことが多いため、

葉酸のサプリを使うことも推奨されています。

一日に必要な葉酸の摂取量

妊活中や妊娠中に摂るとよい栄養素に葉酸があります。葉酸は着床率が上がるだけでなく、男性においても染色体異常を起こしにくくします。

妊娠中においては、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを下げ、貧血も防止することができます。また、出産後は母乳を通して必要な栄養を送ることができるため発達障害を発症しにくくします。

1日の必要摂取量は、妊娠していない場合、240?、妊活中、妊娠中は400?、授乳中は280?となっています。ですが葉酸は水溶性ビタミンのため、食事だけでは不足しがちになります。

特に妊娠している場合は好みが変わることから食事だけでは難しいのでサプリメントなどを利用すると良いです。サプリを利用する場合、摂取上限が1000?となっているので、取りすぎないように注意します。

商品一覧

葉酸の基礎知識

葉酸サプリのよくある疑問