妊活・不妊時に葉酸サプリを取るとよい理由

葉酸で受精卵の着床促進に

妊娠を意識している女性や妊娠中の女性が摂取する必要性が高いとされているのが葉酸です。

これはひとつには、葉酸には細胞分裂を促進する作用があるためです。それにより胎児の細胞を活発に分裂させ、健康的な体作りに良い影響をもたらすとされています。また特に妊娠を目指している女性にとっては、葉酸が受精卵の着床を促進する作用も期待することができると言うのも、理由のひとつです。

葉酸には造血作用があることから、全身の血の巡りを良くする作用を期待することができます。そして血の巡りが良くなると、子宮内部の血流も促進されることから子宮内膜が分厚く、強化されることが期待できます。

すると受精卵が着床する確率が高くなりやすくなると言うことです。

葉酸が受精卵の成長促進に

葉酸とは、血液を生産する働きをもつ栄養素です。 授かった大事な命を流産させることなく、お腹の中で健やかに成長させるために、とても重要な栄養素となります。 流産のおよそ90%は、妊娠初期に起こります。 そのほとんどの理由が「先天性異常」「染色体異常」です。

染色体異常が起こる原因は、いまだにはっきりとしたことはわかっていませんが、受精する際に偶発的な異変が起こっていると言われています。

その他、男性の精子自体にも染色体異常がある場合もあり、これは葉酸の摂取により軽減することが出来るのです。

また、受精卵は着床してから12週間の間に細胞分裂を繰り返し成長していきます。

このときに母体の葉酸が不足していると、先天性異常が発生する可能性が高くなってしまいます。

先天性異常が起こってしまった受精卵は育たなくなってしまい、初期流産となります。

そうならないためには、女性は妊娠前から妊娠3ヶ月までは葉酸を意識してしっかりと摂ることが重要です。

妊娠のためには男性にも女性にも必要な栄養素です。夫婦で摂取し、妊娠力を高めましょう。

商品一覧

葉酸の基礎知識

葉酸サプリのよくある疑問